7/19のジーザスセンター

JesusCenter ジーザスセンターの賛美とメッセージの動画です。 メッセージはガラテヤ人への手紙から学んでいます。






今日の聖書箇所 詩篇ガラテヤ3:15~29


3:15兄弟たち。人間のばあいにたとえてみましょう。人間の契約でも、いったん結ばれたら、だれもそれを無効にしたり、それにつけ加えたりはしません。 3:16ところで、約束は、アブラハムとそのひとりの子孫に告げられました。神は「子孫たちに」と言って、多数をさすことはせず、ひとりをさして、「あなたの子孫に」と言っておられます。その方はキリストです。 3:17私の言おうとすることはこうです。先に神によって結ばれた契約は、その後四百三十年たってできた律法によって取り消されたり、その約束が無効とされたりすることがないということです。 3:18なぜなら、相続がもし律法によるのなら、もはや約束によるのではないからです。ところが、神は約束を通してアブラハムに相続の恵みを下さったのです。 3:19では、律法とは何でしょうか。それは約束をお受けになった、この子孫が来られるときまで、違反を示すためにつけ加えられたもので、御使いたちを通して仲介者の手で定められたのです。 3:20仲介者は一方だけに属するものではありません。しかし約束を賜わる神は唯一者です。 3:21とすると、律法は神の約束に反するのでしょうか。絶対にそんなことはありません。もしも、与えられた律法がいのちを与えることのできるものであったなら、義は確かに律法によるものだったでしょう。 3:22しかし聖書は、逆に、すべての人を罪の下に閉じ込めました。それは約束が、イエス・キリストに対する信仰によって、信じる人々に与えられるためです。

3:23信仰が現われる以前には、私たちは律法の監督の下に置かれ、閉じ込められていましたが、それは、やがて示される信仰が得られるためでした。 3:24こうして、律法は私たちをキリストへ導くための私たちの養育係となりました。私たちが信仰によって義と認められるためなのです。 3:25しかし、信仰が現われた以上、私たちはもはや養育係の下にはいません。 3:26あなたがたはみな、キリスト・イエスに対する信仰によって、神の子どもです。 3:27バプテスマを受けてキリストにつく者とされたあなたがたはみな、キリストをその身に着たのです。 3:28ユダヤ人もギリシヤ人もなく、奴隷も自由人もなく、男子も女子もありません。なぜなら、あなたがたはみな、キリスト・イエスにあって、一つだからです。 3:29もしあなたがたがキリストのものであれば、それによってアブラハムの子孫であり、約束による相続人なのです。

2020,7.19

「神から与えられたモーセの律法」

ガラテヤ人への手紙3:15~29

1.律法は必要不可欠であった

· モーセに律法が与えられる(出エジプト19章)

· 23、24節「律法は監督であり、養育係」

2.神のことばに従うことを通し信仰をあらわした

· ヨハネ3:16「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」

3.律法はイエスキリストの十字架の素晴らしさを教える

· 「イエスは素晴らしい医者」

睡眠の世界的科学者・柳沢正史医学博士

ジーザスセンターへの献金、サポートは→GIVE

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

©︎Jesus Center

ALL RIGHTS RESERVED